株の取引方法
チャンスを追求します
可能性を実現します

人々は数千年前から何かを安く買って、後で高値で売って経済的利益を得る概念を理解していました。それは今日の金融市場での株取引でも同じ基本原理です。

そのような単純さにも関わらず、多くの人々、市場専門家と金融機関が株取引でお金を失います。それで何故?という疑問が湧いてきます。

知識とスキルの不足:

多くのトレーダー(個人と機関両方)が株取引に対するスキルと金融知識の理解が不足しています。

投資家はどこで取引するかを決めます。それは香港証券取引所、ロンドン証券取引所や米国のNYSEとNASDAQのような世界的取引所であったり、ドバイ、ムンバイ、上海とシンガポールの地域的な取引所であったりします。ほとんどの投資家は、最良の株取引でなくても、慣れ親しんだ会社が上場しているため、地元の取引所に愛着心があります。 賢明な投資家は、世界中の全プレーヤーがいる、取引量が最大で流動性が高い市場を必ず選びます。それはNYSEとNASDAQ以外にありません。それら両方の取引所では、通常の取引日に計1500億ドルの量が取引されています。そのような量と流動性は世界中のその他のどの取引所よりはるかに上です。膨大な取引量と、異なるリスク耐性を備えた様々な投資家がいて、大抵取引から利益を得るのはより簡単です。

投資家は最新のグローバルトレンドについて自分自身を教育してから、現在または将来の人気の市場取引分野を判別する必要があります。伝染病の世界的流行により、それはバイオ技術と製薬会社かもしれません。世界経済が上向いているため、それはエネルギー分野かもしれません。他の主要生産地域/国での悪天候/疫病により世界的生産量が減少したため、それはある種の一次産品かもしれません。適切な分野の株取引は必ずしも利益に結びつくとは限りませんが、それらの株が少なくとも短期間上昇する見込みは多分にあります。誤解していたり無知だったりする投資家は間違った株を購入してしまいます、なぜなら他の人達は既にそれらの株を捨てて「熱い」分野へ移動しているからです。

特定の株を買う/取引するかを決めるために使える数々の分析ツールがあります。下値支持線、上値抵抗線、移動平均、ファンダメンタル、株価収益率(P/E)、オーバーソールドやアンダーバリュー相場などの基礎知識を常に考慮する必要があります。その日積極的に取引されるトップ10株は、その裏にある実際の理由を知らなくても、投資家はその人気株を取引する傾向があります。投資家によっては、翌日リバウンドすることを期待して、その日のトップ10負け株購入者になってしまう人もいます。理性的でない取引は最終的に全て大きな負けに繋がります。

知っている信頼できる会社にだけ投資する

各々の株には特徴があります。それを株のDNAと呼ぶ人もいます。ある株は配当前に常に上がります。ある株は新製品登場前に上がります。ある株は年の特定の月に上がります。ある経営陣トップは株買い戻しスキームを行い、年1回の株主総会(AGM)前に株価を吊り上げて株主を喜ばせていたこともあります。ある株はどのトレンドに左右されません。投資家はある株を取引する前に、徹底的にその株を調べる必要があり、それは10人中9人の個人投資家がしていないことでもあります。

取引が全て。何もしないことを学ぶ。何もしないのが正しいことが良くあります。

特に株取引においてはタイミングが全てです。市場トレンドと勢力に逆行しないために、投資家は全ての市場の指数を学んでおくことが必要です。

間違った取引方法論:

仲介業者や銀行などの金融機関は、最終的にほとんどのトレーダーがお金を失うようなシステムを設定している。

3つの最も一般的な株取引方法:

  • レバレッジ無し
  • 選択した株を買って全額払う
  • 価格が上がるのを待って売って利益を得て、その全プロセスを何度も繰り返す
  • 間違った株を選んだ場合、資本が長期間動きが取れなくなるのでハイリスク レバレッジをかけないということは、リスクを分散するため大きなポートフォリオを作る財源が限られているということになる
  • 多くの投資家が利益を生む株を売り、損する株を保持することになる 良い会社の株価は上がり続け、有望でない会社の株価は下がり続けるという状態は残る 最終的にこのタイプの投資家は大きな値上がりのチャンスを逃して、将来のない使えない株を保有するはめに陥る
  • 証拠金勘定
  • X額のお金を信用取引口座に入金して、3-10倍のレバレッジをかける
  • 妥当な株のポートフォリオを作成可能
  • 信用取引口座に課される金利は非常に高い。仲介業者は競争的な証拠金率をよく提示するが、一度株価が下がり金融市場が渋くなると、証拠金率の計算は決して単純ではないため、その率は驚くほど高くなる。
  • レバレッジは両刃の剣。良い時は、取引で多くの利益を得られる。悪い時は、トレーダーは、高い信用取引口座金利と低いポートフォリオ評価と相伴って、かなりの額の資本を失うため、信用取引は非常にリスキーなビジネスとなる
  • 信用取引口座金利と損失を補填するために、投資家は奇蹟を期待して安値株を買い勝ちだが、大抵奇蹟は起きない
  • ほとんどの信用取引口座は最終的に大きな損失と共に閉鎖され、もし債務者がクレジットカードに手を出していた場合は、損失を返済するまで何年も要することになる
  • 差金決済取引(CFD)に申し込む
  • CFDはここ数年株と外貨取引で高い人気を得ている
  • レバレッジは非常に高く、残高の50%でさえも可能
  • CFD取引では、投資家は実際に特定の株は買わない。実際、投資家は価格が上がるか下がるかに賭ける 当たったらお金を得て、外れたら失う
  • 英国では、それはスプレッドベッティングとしても知られており、実際ギャンブルの一形態である
  • それは投資より賭けの要素が大きいため、超リスキーな取引である
  • 宗教学者の中にはCFDは非宗教的だと見ている者もいる
  • 市場が荒れている時、リクイディティプロバイダーは市場価格でオープン取引を決めたがらないので、CFDトレーダーはポジションをクローズできなくなる。決めようとする場合でも、スプレッドやクローズ価格が口座保有者/トレーダーに大きな損失を生じさせることになる
  • 実際、CFD取引をするほとんどの投資家はしばらくすると全ての資金を失う

既に指摘したように、株取引の原則はシンプルです。安く買って高くで売る。しかしながら、株取引は紳士のマーケットではありません。数々のトリックと憶測が入り混じり続けています。真実、噂と嘘が全てごちゃ混ぜになっていて、投資家は全ての利用可能な情報とデータを解釈するスキル、知識と経験を備えることが必要です。組織に属するプレーヤーですら常にお互いからお金を獲得する方法を求めていて、個人プレーヤーは利益を得るどころか、生き残るチャンスすらあまりありません。

だからこそ、Financial.orgは良い株式市場トレーダーになる方法をメンバーに教えることを目指しているのです。取引に勝つ保証はありませんが、学ぶ意志があり実行する人向けの、成功のための勝利の方程式があります。

金融教育:旅は困難です。しかし楽しくて報われます。

ダウンロードで入手可能
ダウンロードで入手可能
当社の公式モバイルアプリを今すぐダウンロードしてください。
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。
不許複製 © 2016 - 2019