株の選び方
市場の洞察。未来を見据える。

株式の選択は、標準的な投資家にとっては頭痛の種になることがあります。それは緻密な科学を必要とし、一定の経験が必要であり、少々の運が必要です。Financial.orgでは、今日のほとんどのファンドマネージャー、株式市場アナリスト、専門家が使用しているのと同様の手法を採用しています。

1. 具体的な方向を見極めるための世界とアメリカのマクロ経済分析の理解。

この分析は、主要勢力と分野がどのように経済のパフォーマンスに影響を与えているかを理解可能にします。GDP(国民総生産)、CPI(消費者物価指数)、PPI(生産者物価指数)、失業率、利率、インフレ率と貿易収支などのマクロ指数は注意深く分析される必要があり、それにより国内と世界の次の成長原動力を予測することが出来ます。IT、消費財、バイオ技術、製薬と銀行業に注目すべきでしょうか?インフラ、エネルギーと天然資源などの分野は避けるべきでしょうか?

2. 株の研究

投資する一般的な分野を決めた後は、選択した産業分野で最も可能性が高い会社のタイプに着目します。いくつかの基準が一般的に用いられています:

  • 年度報告と財務報告書
  • 収益成長
  • 最近の予期しない収益
  • 価格/収益率
  • 負債/自己資本率
  • 配当実績
  • 時価総額と規模
  • 産業相対力
  • 経営の議論と経営チーム分析
  • 会社の短期、中期から長期目標
  • シャリア適格状態
  • 競合他社の競争力分析

米国の株式市場に投資していても、自分の国内市場に投資していても、同様の原則が適用されます。例えば、欧州市場に投資する場合は、欧州の特定の業界や分野を代表する最高の企業を探す前に、まず欧州経済の次なる成長の原動力を特定する必要があります。

誰もが次の成長の原動力、または成長の可能性を体現する最高の企業を特定できるという保証はありません。今日真実とされていることが、社会的、経済的、政治的な変化によって明日には真実ではなくなるかもしれません。企業は、その使命、ビジョン、価値観を時間の経過と共に変更することがあります。ベストセラー商品やサービスは、時と共に時代遅れになる可能性があります。そのため、今日堅調な投資でも、明日はバラ色ではないかもしれません。その逆もまた同様です。

投資における成功は旅路であり、一回限りのイベントではないため、長い旅に出る時のように準備をする必要があります。投資家として成功を収めるには、金融知識を常に最新の状態に保っておく必要があります。Financial.orgでは、シンプルに「生涯金融教育」と呼んでいます。 さもなければ、およそ2回に1回は間違った株式を売買してしまうかもしれません。将来的には、ある市場が上昇しているにもかかわらず資産項目に占めるその割合が低いというような、不具合な資産項目を持つ可能性が高いでしょう。

財務諸表の読み方を知る投資家がそれほど多くないという事実があります。今後数週間および数カ月間、特定の株価変動に強力な示唆を与える財務諸表の関連情報を誰もが知っているわけではありません。市場動向を見極めるために、毎年の財務諸表を比較する方法を知る人はさらに少数です。

独立系金融教育基盤としての私たちの役割と機能は、偏りのない金融知識、コンセプト、スキルを会員に教授することです。そうすることで会員はそれぞれの可能性についてより中立的な視点を持ち、さらに情報通になることができます。長期的に見れば、これが有益であることが証明されるでしょう。なぜなら、科学的分析と時と共に得られた経験は、運とチャンスに置き換えられるからです。

多くのFSPがクライアントのための理想的な投資ソリューションを発見したと言って、問題に答えようとします。Financial.orgは、ベストな投資というものは信じません。長期にわたる金融上の成功への道は、クライアント自身の正しい理解と知識によるというのが我々の見解です。

それ故に、メンバーに金融教育を行うことが我々の一生の使命なのです。
ダウンロードで入手可能
ダウンロードで入手可能
当社の公式モバイルアプリを今すぐダウンロードしてください。
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。
不許複製 © 2016 - 2019