お金の概念
少ない元金で大きな利益を上げる方法

現金は、お金の概念において重要な役割を果たします。純粋に定義すると、現金とは、紙幣や硬貨といった通貨の物理的形状を指します。銀行に保管されたフィアット通貨などの流動資産も現金とみなされます。ただし、過去数十年の技術進歩により、金銭的価値に容易に変換できる貴金属や仮想通貨といった資産がいくつか生まれました。

多くのプラットフォームでは、金(ゴールド)が交換媒体として認められています。世界の主要銀行による大半の電子バンキングシステムは、金(Eゴールド)を流動資産の一つ(現金)と認識しています。従って、金などの貴金属も現金に分類することができます。さらに近年では、ブロックチェーン技術の進歩の成果として、暗号通貨または仮想通貨が登場し、暗号通貨による支払い方法が特定の業者に認めらる際は、別の種類の現金に分類することもできます。

現金は、投資ポートフォリオにおいて非常に重要な部分です。「現金は王様」説は、他のあらゆる流動資産よりお金(現金)こそ価値があるという信念です。これは特に、資本市場における投資可能資産の価格が史上最高値に向かいつつある場合に当てはまります。強気相場の環境下では、投資家は価格の下落または市場調整を待ちながら、現金を貯蓄しようと考えるでしょう。

一方、投資や管理が適切に行われていない現金は、インフレや通貨下落により価値を失うこともあります。こういった現象は一般投資家には見過ごされがちです。経験則では、投資ポートフォリオのおよそ20%を現金で保有することが常に賢明です。十分な額のキャッシュリザーブがあれば、長期的な安定が得られ、将来さらなる利益をもたらします。


Financial.orgは、正しく管理された現金には、以下の可能性があると考えています。

  1. 「現金は王様」レバレッジを保ち、他の投資可能資産が安くなるのを待ってから市場に参入。
  2. 他の主要通貨に対する価値上昇。
  3. 妥当なリターンが発生。

現金管理教育におけるFinancial.orgの哲学は、上記3点の主要目的をすべて達成することに重きを置いています。当プラットフォームの研修および金融教育プログラムは、簡潔性、合理性、実用性に基いています。メンバーの皆様には、シンプルなコンセプト、選択肢、実績のある方法に適合する他、スマートな資金管理スキル、最先端の投資のヒントや戦略に触れていただきます。

キャッシュレス社会


キャッシュレス社会は決して新しい方法論ではありません。キャッシュレス社会は、物々交換などの交換方法に基いて古くから存在します。ただし、現代世界のキャッシュレス社会は、将来的に技術革新の結果として現金が冗長化するという考え方に適応するものです。電子現金および仮想通貨または暗号通貨は、新世界秩序となるでしょう。お金の概念に対する意識は著しい復活を遂げています。金銭問題と決断を、経済学者、立法者、政府、銀行に委ねるようにと一般市民が騙される時代は終わりました。流通する米ドル、英ポンド、ユーロの額が過去10年で35%〜50%強も上昇しています。近年では、フィアット通貨に対する信用を失い始めた人が増え、流動資産の一部をデジタル通貨に移行しています。この動きは大きく躍進しており、こういった傾向は今後数年のうちに飛躍的に継続するものと予想されます。現金のない世界という発想は、私達が考える以上に早く現実となるのかもしれません。

結局のところ、お金の価値、概念、定義は各メンバーによって異なります。資金管理に関しては、各自のニーズ、観点、目的があります。ただし、こと投資に関しては、誰もが習得すべき共通のスキルがあります。わずか100ドルから1万ドル、果ては1000万ドルまで、金額にかかわらず、一人一人が上手なお金の管理方法を学ぶ必要があるということです。優れた投資家になるため、おそらく資金管理こそ、誰もが開拓すべき最も重要な金融スキルと言えるでしょう。

「お金はいくらあっても困らない!」
と言われるように、この世は金で動くのです。


ダウンロードで入手可能
ダウンロードで入手可能
当社の公式モバイルアプリを今すぐダウンロードしてください。
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。
不許複製 © 2016 - 2019