グローバルな視点
金融教育を通して人生を豊かに

金融リテラシーとは、生活水準と生活の質を向上させるための様々な金融スキルについての教育、知識、理解のことです。それには、例えば他の人たちのお金の稼ぎ方、その管理方法、投資方法や投資先、貯金の仕方や、人道支援のための寄付の仕方など、実世界で金銭がどう機能しているかを理解する能力が必要とされます。具体的には、個人が自身の資産に関する情報に通じ、賢明かつ効果的な決断を下せるようになるための、一連のスキルと知識を指します。

Financial.orgは、能力、コンセプト、知識、理解を一体化させ、情報と金融スキルと共に「生涯金融教育」と名付けた枠組みに落とし込み、皆様の生活を向上させます。

オーストラリア当局は2000年代初めから金融教育を開始しています

オーストラリア政府は国家消費者・金融リテラシータスクフォースを2004年に設立し、2005年の金融リテラシー機構の設立を推し進めました。2011年にASIC(オーストラリア証券投資委員会)が、金融リテラシーレベルを向上させることにより全てのオーストラリア人の財政の健全性を向上させるための、初期のASIC研究報告書「金融リテラシーと行動学的変化」に基づく、国家金融リテラシー戦略(www.financialliteracy.gov.au)を策定しました。その戦略は4つの柱から成り立っています:

  1. 教育
  2. 信頼できる独立した情報、ツールと支援
  3. 向上した財政の健全性と行動学的変化を促進するための追加ソリューション
  4. 金融リテラシー、その影響の測定とベストプラクティスの推進に関与したセクターとの協調

シンガポールは2007年から国民の金融教育に投資しています

シンガポールでは、国立教育研究所が2007年に教師に向けて金融リテラシーハブ構想を打ちたて、学生が教育的な活動に参加して学べるように、主要科目に金融リテラシーを組み込むように学校教師に権限を与えました。シンガポール政府はシンガポール金融管理庁を通じて融資し、2012年7月に金融リテラシー研究所を設立しました。この研究所は、大人の就労者とその家族に無料の公平な金融教育プログラムを提供し、広範なシンガポール国民に基礎的な財政的能力を構築することを目指しています。

サウジアラビアの一流企業は2012年に金融教育を開始しています

サウジアラビアでは、サウジ経済開発会社、SEDCOが、会社のお金をより効率的に管理する方法を人々に教え、お金が無限のリソースであるという認識を変えるためのプログラムの巨大なニーズに応え、2012年に対応するプログラムが作成されました。このRiyaliと呼ばれる最も重要なプログラムを通じて、サウジアラビアの大学生、高校生と低中所得層を含む様々なバックグラウンドを持つ50,000人の国民が、日々の生活で賢明な財政的決断を行うために必要な、予算作成、貯蓄、投資とその他の不可欠な能力などの基本的な金融スキルを学んでいます。

米国人はいまだかつてなく金融教育が必要になっています

米財務省 は2002年に 金融教育室 を設立し、連邦議会は2003年に金融リテラシーと教育改善法に基づき 金融リテラシー・教育委員会 を設立しました。委員会は2006年に金融リテラシーの国家戦略を発表しました。これら全ての努力をもってしても、金融リテラシーと経済教育協議会の研究所による最近の調査では、58%の米国人が十分な金融スキルを持っておらず、金融と投資を適切に管理する方法を知らないことが分かりました。


米国には多数の億万長者や十億万長者が存在しますが、最近の調査では、平均的なアメリカ人の金融知識や金融リテラシーは低下しています。米国は経常赤字額No.1の国であり、年々増え続ける債務は2018年3月現在で20兆ドルを超えています。これはアメリカの市民、企業、政府の後退ぶりと、諸外国からどれほど巨額を借入れているかを見せつけています。ですから一般的なアメリカ人は、間違いなく基本的な金融教育、知識と心構えを必要としていると言うのが妥当でしょう。

国連:2000年以来社金融リテラシーは会と経済の発展に必須

国連には金融教育の支援と金融リテラシーの利点の宣伝を行ってきた長い歴史があります。国連のミレニアム開発目標は、ロードマップと戦略のための土台として、全国家と世界屈指の開発機関の同意を得て開発されました。その目標は、金融リテラシーの大胆な行動計画を開発し推進するために、政府、NGO、企業、財団、学術団体とその他の重要な担い手をまとめる並外れた取り組みを促進してきました。

国連の金融リテラシー提案者は積極的に行動を進め、金融知識と教育が不足していることにより、多くの先進国と第三世界の国々の何億もの個人と家庭が財政面で損害を被ることを防ぐのに尽力しています。

富の格差 – 今までよりさらに拡大

過去20年間に世界中で巻き起こったグローバリゼーションは、多くの恩恵をもたらした一方、多くの問題をも生み出しました。最大の問題の1つは、年々確実に拡大してきた富の不平等です。現在、世界で最も富裕な1%の人口が富の80%以上を支配しています。この1%は、株式による資金調達市場を通じて金融資産と投資を長年成功裏に管理してきた、いわゆる高所得者(HNWI)と超高所得者者(UHNWI)です。したがって、彼らは世界の残りの人口が停滞したり、後退しても、さらに富裕で、強力であり続けるのです。

現在、世界中の30億人以上の貧困層に加えて、20億人の中産階級階級の大部分についても、同様のことは言えません。彼らの中で世界の資本市場に参戦する実際のチャンスを得たことのある人は少数派でしょう。しかし近年、世界の多くの新興国や途上国の政策立案者の間で、金融教育の重要性に対する認識が高まっています。

ダウンロードで入手可能
ダウンロードで入手可能
当社の公式モバイルアプリを今すぐダウンロードしてください。
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。
不許複製 © 2016 - 2018