なぜ米国株式市場なのか


スタンダード&プアーズ、S&P 500は米国株式市場全体のベンチマークとして最もよく使われています。ダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)は一時米国で最も有名な指数でしたが、DJIAには30社しかないため、S&P 500が米国市場をより代表していると、ほとんどの人が同意しています。

S&P 500は米国普通株の先行指標として考案されており、米国で上場されている巨大資本企業のリスク/リターンの特色を反映しています。インデックスに含まれている会社は、スタンダード&プアーズ社の分析家と エコノミストのチーム、S&Pインデックス委員会により選択されています。S&P 500は市場価値加重平均指数で、各株のウェイトはその時価に比例します。実際、多くの人がそれが市場の定義であると考えています。

これらの500社は株式資本により米国普通株市場の約75%を占めています。それらはNYSEとNASDAQなどの数々の米国証券取引所の1つに上場しています。

米国株式市場に投資する理由はたくさんあります。以下が最も重要な理由のいくつかです:

画像をクリックすると拡大します

1.

世界の歴史の中で最高の堅実なリターン

長期的に見ると、S&P 500株式の非常に多彩なポートフォリオへの投資は、1928-2015年にわたり年間平均9.55%もの幾何学的利益を上げて来ています。しかしながら、ここ50年間、S&P 500銘柄平均は、年間リターン9.8%を上回っています。そのようなリターン生む市場は他にありません。換言すると、株式投資でここ50年間毎年9.8%のリターンを得るために、投資の天才になる必要は無かったと言えます。必要なことはS&P 500の株をいくらか買って保持しておくだけです。

それはまさほとんど常ににウォーレン・バフェットがしたことです。もちろん彼は投資の天才です。彼はバークシャー・ハサウェイ社の株を最良価格で購入し、250,000人以上の人員の能力をフルに活かす手助けをしました。それにより、バークシャー・ハサウェイは1965年以来、少なくともこの50年間帳簿上で年平均19.7%株価が上昇し続けています!

統計は嘘をつきません。事実は事実です。S&P 500銘柄は世界中のどの市場よりもより良いパフォーマンスを発揮し続けるでしょう。


投資への信頼

世界はどのように進むのか

2.

最大の取引量

NYSEとNASDAQの1日あたりの取引量は平均約1500億ドルです。投資家として、希望価格で売り買いできる選択肢が多い、取引量が多い市場に投資したいと考えるのは当然のことでしょう。


どんな市場危機にも屈しない

3.

世界の資本市場

アメリカ合衆国は世界のほとんどの資本を運用している国です。高い純資産を持つ個人、中所得者グループと資金を最も多く有する国です。これらの個人と機関投資家達が米国株式市場の主な買い手です。これらの巨額の資金が米国株式市場の屋台骨を形成しており、それにより小さなプレーヤーが危機の時に焦げ付くことから守っています。さらに、1920年代の大恐慌以来何度も何度も危機の後に、米国ほど回復するのが早かった株式市場はありません。


お金は富ではありませんが、富を創出するのに役立ちます

4.

連邦準備銀行

連邦準備銀行は今日世界で最も豊かで最も力のある金融組織です。その政策はアメリカ合衆国と世界の経済にまで影響を及ぼします。連邦準備銀行は常に市場にフレンドリーで2008-2014年までのその量的緩和政策は、2007年8月の金融危機から米国経済と株式市場の回復を助けました。実際、S&P 500はその期間に数回最高値を記録しました。


5.

独立市場

米国株式市場は、政府介入という点において世界で最も自由な市場の1つと見なされており、新大統領選出などの国内の政治的変化にも影響されません。


夢見て実行する可能性は無限です

6.

誰にでも開かれています

18歳より上であれば世界中の誰でも(米国の禁輸措置国を除き)、仲介業者を通して米国株式取引所に上場している株を実際に購入できます。様々な国出身の当メンバーが、制限なく同じ市場で取引出来ることは、Financial.orgにとって米国市場に注目する大きなプラス要因です。


7.

よく統制されている

米国には30をはるかに超える株式と電子市場があります。NYSEとNASDAQを含むそれらの市場の幾つかは最も透明性が高く厳格に統制されている市場の1つであると認知されています。その規制の枠組みの頂点に立つのは米証券取引委員会(SEC)で、複数の部門から成り立っている広範な監督機関として活動しており、公正で効率的な市場を裏付けています。米国の金融と株式関連法は、今日世界中で幾つかある最も新しく包括的な法律の1つです。ドイツ銀行、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、チェース、ゴールドマンサックス、シティグループ、HSBCなどの世界最大級の企業ですら、ここ数年間法律違反により、全社が数十億ドルもの罰金をSECにより課されました。誰もSECには逆らえません!


金融ニーズを超えて

夢を実現

8.

アメリカは創造と素晴らしいアイデアの中心です

好むと好まざるとにかかわらず、S&P 500企業が世界をリードしています。それらの製品が世界のトレンドを決め、数百万人の命を救い、何十億人を楽しませて今日の世界をグローバル化しています。iPhone、Facebook、Windows、ワクチン、薬、航空機、兵器、マイクロチップ、光ファイバーとその他諸々全てがS&P 500企業の1社以上またはその子会社により作られて販売されています。そうでなけれ毎年9.8%ものリターンをここ半世紀以上にわたり可能にすることはできなかったはずです!?!


9.

米ドル要因

1つのカゴに全ての卵を決して入れてはいけません。お金を1つの通貨だけで決して持ち続けてはいけません。世界中の投資家は資産の約20-30%を米ドルで保持するようにと常に忠告されて来ました、なぜなら米ドルが今日の世界で未だナンバーワンの通貨だからです。それは地元通貨の価値下落と通貨切下げに対する保険です。高い自己資本を持つ個人と金融機関はどのようにして米ドルポートフォリオを保っているのでしょうか?彼らは米短期国債、債権とS&P 500銘柄株を買っています。

結論:

世界一リッチな人々はS&P 500銘柄株に投資し所有しています。カール・アイカーン、ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾスとウォーレン・バフェットがその一例です。世界中の銀行、投資信託会社、金融機関が米国のS&P 500株を所有しています。同じことをしてはいけない理由は何もありません。米国の最大手企業への投資は、誰にとっても正しい投資戦略です!


規約と条件 | プライバシーに関する声明
Financial.orgは教育プラットホームです。有価証券の取引や金融商品とサービスプロバイダから金銭的利益を得ることは行いません。